ADHD多動症なんだから 暴れたいなら暴れさせろ

多動児の特徴

 

うちの息子は破壊的な多動児だった。

 

四六時中、動き回っている人。

そして興奮のスイッチが入れば暴れる人。

ゲームを与えられている時間だけは止まっていられる人。

 

ざっと説明すれば、そんな人。

 

高校生になった今ともなれば、さすがに暴れないけれど。

代わりに歌ってるかな。

歌うことで何かを静めている感じ。

 

我が家では興奮のスイッチをイライラって呼んでいた。

そのイライラは成長と共にコントロール出来るようになるもの。

 

まだまだ完成形ではないみたいだけど。

 

多動が落ち着いてくる時期

 

息子の場合、6年生を迎えたころには突然ピタッとおとなしくなった。

5年生までは教室にも入れないほどに大暴れしていたので

突然の開花に、まさかまさかと驚いたのを覚えている。

 

思い返せば、私のお腹の中にいる時からの激しい動き。

誕生してからも変わらずに手足バタバタ。

ハイハイも無しに歩き出したかと思えば、とんだ多動児として完成していた。

 

遥かかなたへ飛んでいきそうなほどの勢い

その獣に振り回されるのが、私の日常になっていた。

 

こんな日は突然に来るんだなぁと拍子抜けしてしまう。

 

落ち着きの時期っていうのは人それぞれなんで

だいたいこれくらいですよ~などの情報交換は難しいけれど

大人になってまでは暴れていない

それは断言できる。

 

ADHDが完治するわけではないので

多動が治まったというのは

あくまでも目に見えてわかる行動のこと。

 

内面の課題は今後もまだまだ続いていくのだ。

 

多動が酷かったころに心がけていたこと

 

多動児の子育てで私が独自で心掛けていたことがある。

 

暴れたいなら暴れさせよう

 

それは私の拘りとして続けてきたこと。

もちろん人様に迷惑をかけるような事は避ける努力をして。

 

運動系の習い事は常にさせていたし

家庭では、暴れても危険のないようモデルルームばりに余計なものは置かない状態にしていた。

 

発散

これが何よりも大事なことだと思う。

 

暴れたいという子を、がんじがらめにしても何も生まれないような気がする。

 

私もチョコが好きなのに、

ダメと言われたらイライラが止まらないかもしれないのと一緒だ。

 

おかん
どんどん暴れさせましょう。

 

幼いころに好きなように暴れさせたお陰なのか?

理由は定かではないけれど…

溜まっていた毒が抜けたかのような息子に出会う日がやってきた。

 

憑き物が不意に落ちたかのように

 

彼の人生第2章が訪れたのだ。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
いつもクリック協力をありがとうございます。にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

コンサータ関連記事