ADHD車の運転

息子は破壊的な多動児だった。

 

故に不注意、多動性、衝動性に関しては逃れることは出来ない課題。

 

幼いころは、ただただ道を歩かせるだけでも、

目を離せない程の危なっかしい多動児。

 

生きているのが奇跡と言っても決して過言ではない。

それほど目まぐるしい動きをする生き者。

 

そんな多動児は、自転車に乗らしても危なっかしい。

どんだけ『確認!』と声掛けされても左右確認なんて出来るはずもなく。

 

とにかく威勢よく自転車を乗り回す。

とにかく自分勝手な運転さばきを披露してくれる。

 

自殺志願者?

 

執拗にお願いをしてもこちらの左右確認ルールは彼に浸透しなかった。

 

そんな息子はある時、

一人でガードレールへ激突して

一人で大けがを負い、

血だらけで帰宅したのは言うまでもない。

 

それは紛れもなく神様の贈り物だったのだろう。

 

死なぬ程度に痛い目にあった多動児は、

その後、自分の行っていた危険な行為に気付き、

数年間、自転車に乗ることはなかった。

 

 

恐る恐る自転車で出かけていく彼の後ろ姿を

今では安心して眺めることが出来る。

 

でも…

バイク、

もしくは車の運転は無理だろうな。

 

それは息子が幼いころから覚悟していたこと。

本人にも言い聞かせて育ててきたので、

バイクの免許が取れるようになった年齢になっても

ありがたいことに自分には関係ない事と認識してくれている。

 

久々の発達検査をしたのは最近のこと。

やはりそこでも医師には車の運転の事をアドバイス頂いた。

 

ADHDの人にはオススメはしないということ。

 

こちらからは聞いてもいないのに出てきた話題なので、

それだけ重要なことなのだろう。

 

たとえばコンサータを服用していたら絶対にダメ。

服用してない人はダメとは言わないけど辞めた方が良い…と。

 

わかってはいたけど改めて伝えられるとドキツとしたよね。

 

やっぱダメなんだね…と。

 

未来の選択肢が人より少なくなる現実が怖くなった。

 

だけど一見、成長して多動が落ち着いたように見えても

時に焦ってパ二くる息子を見ていると、親としては心配が減ることはない。

 

私の意見としても

 

やはり車の運転はNGだろう。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
いつもクリック協力をありがとうございます。にほんブログ村

求人

 

 

Twitterでフォローしよう

コンサータ関連記事